2006年12月18日

ファイナル男女FS放送観ましたが…

PC立ち上げる気力ないので携帯メールで。

夕方のペアとダンスは仕事してたので録画して後回し。
放送時間が先だった地上波で男女シングルFSを観ました。

織田くんとアルバンの時はごはんの鍋がふきこぼれそうだったもんで(^^;あまり集中して観られなかったのですが、
高橋大ちゃんねぇ。
後半になってから目に見えて辛い内容になってしまったんですね。
スピンの出でのふらつき、
ステップ前の朦朧としたような表情、
ステップ最後は体が止まりかけていて、
体をリンクの端から端まで運ぶので精一杯のように見えました。

NHK杯FSの時もスピンが止まりかけてて、観ながら思わず「がんばれー!」と口走ってましたが、
あの時とは違って今回は『もうすぐ終わるよ。よくがんばったね。』と、ねぎらいの気持ちしかおこりませんでした。

ジュベールのFSはエリックボンパールとロシアカップのを観ましたが、
サーキュラーとスピンの後のちょっとしたエッジ使いの振付など、いかにもカート味ですよねぇ。
あれは好きなパートです。
以前のジュベールでは観られなかったエッジ使いをマスターしつつ、
4Tも2回入れ(2回目はほぼ転倒扱いだったけどさ)、バランスのとれた力強いスケーターとしての見応えはありました。

ところで滑走前の煽りVTRで3Aの映像に「4回転」とか字幕かぶせていたのは、あれかな、制作者がナチュラルにジャンプの区別がつかなかったのかな?
トリノから観るようになった人でもあれは違うと分かるんじゃないの?

男子は結局SP直前のエバンに続き、FSではジョニーが棄権してしまい4人での競技となりました。
それは仕方ないとしても、テレビ放送でのフォローが最終結果を紙パネルにして
(余談だけど、あれのことテレビ関係者はどこでも何の説明もなく「フリップ」と呼ぶのが、『業界用語当たり前だと思うなよ』と、どうにも気に食わない私。)
出してきただけで終わっていたのが引っかかりました。
口頭説明も一言必要だったでしょうに。
番組観てるのは、インターネットでリザルトチェックしたりスポーツニュースの細かい棄権記事まで観るような人ばかりではないでしょうに。

女子は…
昼にプロトコル見て感じた印象の裏付け作業をするかのような気持ちでした。
しかも全然ワクワク感のない…。

章枝ちゃんはスケカナ後、NHK杯では衣装やジャンプ(3S)、スピン、ステップの構成を変え、
今回またスピンを変えてきてましたね。
昨シーズン入れてたドーナツをまた入れるようにしたんですね。
あれ、今季N杯まではやってなかったように記憶してます。
出来の程はともかく、より難しくしていこうとしてる姿勢はさすがです。
それにしても、最後の3Sがダブルになったのは諦めつくけど、
3Fや3Tが2回転や1回転になるのは残念でした。
全体的にちょっと回転に余裕がないように感じました。

サラ、無難だけど崩れずまとめてきたのは良かったです。
すごく清潔感ある、美しい雰囲気も印象良かったし、このままヨロ選もがんばって表彰台を狙って欲しいです。
テレビ側が、スイスの選手というだけでスピンを目玉にして煽っているのだけはどうにも受け付け不可能ですが。

美姫ちゃんは少し頬がこけていたかな?
大ちゃんほど体調不良がありありとしていたわけではなかったけど、3Lz始めジャンプのすっぽ抜け方が、彼女には珍しかったと思いました。
転びはしなかったけど、荒川しーちゃん言うようにタイミングが合わないままだったか、体を絞めるだけの力が出なかったか?
跳べたジャンプも着氷に余裕がなかったような。

真央ちゃん、私はあのプログラム自体は嫌いじゃないし、難しいことに挑戦していることも否定はしないけど、
最初の3Aはステップを抜いて、普通に入って確実に跳ぶほうがいいんじゃないかなぁ。

キムヨナちゃんも、腰痛に耐えてよくがんばったし、今日の流れでは優勝でいいと思うし、
FSプログラムの曲や雰囲気も好きだけど、2Aが3回も入っているのは何とかならないのかと思います。
2A多用はジュニア選手によく見られるけど、シニアにもなれば、せいぜい2回が限度かな。

彼女のせいではないけど、アナウンサーが彼女を「妖艶」と言うのがすごく違和感あり。
叙情的、可憐、陰性の魅力があるとは思うけど、妖艶さは見いだしにくいです。
ましてSPはともかく、FSはそういうプログラムじゃないと思うし。

ユリアはFS放送カットされましたが、真央ちゃん美姫ちゃんのSPを流す時間をもってすれば放送出来たでしょうに。

さんざん「美の世界一決定戦」と煽っていたテレビ朝日としては、来年の世界選手権でジュベールやキムヨナちゃんが来日した時は「世界王者、世界女王」と報道するんでしょうねぇ?
日本人が勝った時だけそう呼ぶのであれば、自分たちが誇張した表現をしていたことを認めたことになりますよ?

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
一刻も早くそれぞれの拠点に戻って、暖かくして体を休めて欲しいです。

ロシアの会場のお客さん達の温かさが印象的だった、ファイナルでした。

2006年12月17日

グランプリファイナルも終わり…

PC開いてブログ書くのは10日に「豊の部屋」を書いて以来です。
昨日も所用で出かけていましたが、この1週間も正直、スケートどころでない状態でした。
帰宅が日付変わる直前だったし疲れもたまっていたので、ファイナルの結果は携帯で一般ニュースを見る程度だったんですが、

『何があったんだー?!』

頭が混乱したままでした。

今朝は今月ずっと調子が悪かったこともあり(喘息もちなもんで)、休みなので朝10時に起きるのが精一杯でしたが、
PC立ち上げてプロトコル見るのが恐かったです。
>>GPF結果
【続きを読む】

2006年11月29日

NHK杯開幕!

…ですねぇ。

結果ページも出来ました。

グランプリシリーズもいよいよ最終戦。
ほかの場所での開催中もアサイン変更は相次ぎ、この直前になってランビエルの欠場確定と、
やはり、現地でいざ始まってみるまでは、出場は確定しないということです。

もうさすがによほどの急患でもない限り変更はないと願いつつ、
今のところの出場選手を観てみると…

【続きを読む】

2006年11月23日

ロッシーア、ですねぇ

あー。
毎年のことですが、やっぱりシーズンも進んでくると、更新ほとんどできないですね。
多少のチェックはするけども、いちいち書く時間は持てないというか。
ちょっと検索すればわかることなので、私が書かなくてもいいかなって(笑)。
時間あるなら今は体を休めたいです。


というわけで(どんなわけだ)、今週のGPSはCoRですね。
こちらに、モダンなサイトもできてます。
ファイナルと共用のトップなのですね。

結果ページはたぶんコレ…まだ中身がないけど。

ダンスとペアがいいですよねぇ。
かなり見応えあるはず。
ケアケアのダンス、滑り込み進んでるか心配。
イザベル&オリビエのFDもかなりカッコいいので、
タニス達のFDよりは好きなので、肉薄してほしいところ。

ペアはネーベルホルンに一瞬名前が出たけど消えてしまった悠子ちゃん達が本当に出てきてくれたなら、日本でも放送して欲しいです。

さて、国内では全日本ジュニアですね。
【続きを読む】

2006年11月19日

TEB2006ダンスODの放送を観ました

携帯から。

最近ちょっと気分的にまんじりともしない状態なのですが、
昨晩、録画確認を兼ねてTEBのODを観てみました。

昨年の今頃は、あの赤い客席に私も座っていたのでしたが、もう一年たったんだなぁ。
早いものです。
昨年より人が少ないように思います。
昨年は一般解放してないジャッジ側も、もう少し人がいたような。

ナタリー&ファビアンのODがようやく放送されました。
レトロプリントのワンピースはお洋服でも流行りで私好みですが、
音楽もダンスも私好みです。
あまりメロディーがなくパーカッションが印象的な、
シックで少しエスニックな感じもする音楽に速い動き。
他のカップルと違う雰囲気を出してましたね。
世界選手権で是非生で観たいですねぇ。

テッサ&スコット、スケカナでのOD観ていいなぁと思いましたが、
今回はツイズルで少し乱れた上、スコットが転倒してしまったのが残念。

カッペリーニは、シニアに上がって痩せましたね。
Jr.で前のパートナーと最後に出た時かなり重量感を増していたので、どうなるかと思ってましたが、一安心。
昨季の世界Jr.の放送はFDだけだったのでしたっけ。
気になりつつも印象に残ってないのでシニア入りしてどんなものかなと思ってましたが、
男性が何気に濃いですねぇ(顔が)。さすがイタリア。
彼女達のタンゴもなかなか渋くて良かったです。
ツイズルも良かったし、ローテーショナルリフトのポジションもきれいで良かったです。

イザベル&オリビエのタンゴは、ブルー系の衣装が表すように、“いかにもタンゴ”を外してきた印象があります。

フェデリカ&マッシモ、タンゲーラで王道のタンゴですが、
それがなぜか浮いてるのはここがフランスだからか?
スケカナでは転倒してしまいましたが、今回は大丈夫でしたね。
フェデリカが最初からかなり絞ってきてるのが、逆に老けてしまった感あり。

アルベナ&マキシム、やはりマキシムの白シャツが好きになれない…。
概ね安心して観ていられました。

これだけ書くのに何時間もかかりました。
見ながらではないとつらいですね。

2006年11月12日

CoCのペアFSとダンスODの放送観ました。

携帯から。

テレビの前にじっと座ってる時間を作りにくいので観るのが追いつかなくなってます(^^;
(時間の作り方が下手になってるだけか?)
今日は飛ばし飛ばし、ながら観状態でしたが、CoCペアFSとダンスODを観ました。

ペアFS、中国とカナダの若手を観られるのは、貴重ですね。
ともに発展途上といいますか、特にユニゾンはまだまだこれからですねぇ。

マルブンは、バレリーがすごく垢抜けましたねぇ。
いや、髪の根元が中途半端にプリン状態なのはさておきね(笑)。
プログラムも凝っていて、飽きさせないものでした。

シュデク夫妻はスケアメよりは良かったけど、押し出しがもっと欲しかったかと。

アリオナ&ロビン、FSは白と黒の十字をあしらった衣装もいいけど、アリオナが肌を焼かずにいるのが、白い衣装と合ってます。
眉だけはいつもながら山が妙に内側で変なんだけど(^^;
プログラムも私はすごく気に入りました。
表彰台に乗るにふさわしい出来だったと思います。
今季、世界選手権のチケットが取れたら生観戦が叶うので、運を天に任せてます(笑)。

パントンはプログラムだけでなく衣装も昨季と同じなんですね。
でもパンちゃんの体調不良からスケアメ欠場したことを思えば、出場してくれただけでも十分です。
それでも、冒頭やスパイラルなど手を加えてきていますね。
トンくんが踊れるから、むしろEXを観るのが楽しみだったり。

雪ちゃん達は『タイスの瞑想曲』…でしたっけ?
衣装はまずまずいいでしょう。
2A前のイーグルの重なりっぷり(カメラアングルだけど)や、スパイラルでの雪ちゃんの柔らかい笑顔がすごく印象的でした。
スパイラルからそのままバックエントランスでペアスピンに入るのもいい流れでした。
NHKがすごく楽しみです!


ダンスOD

ホフノビは、共に黒い衣装ですが、ホフロワのパンツスタイルがタンゴには斬新!
小柄ですが脚が長くてカッコいい。
プログラムでも、新しいタンゴを見せてもらったように感じました。
最後までスピードやタンゴに必要な力強さが出ていて、良かったです。
ノビツキー(二宮くんと勝手に呼んでますが)がホフロワくらい華が出てきたらというのが、私の願望です。

ザレツキーズ、さすがプラトフがついてるだけに悪くはなかったけど、
上位カップルと比べると、脚さばきが追いついてない印象を受けました。
ODテーマがフリーレッグでアクセントをつけるタンゴだから、よけい目についたのかも。

ベルアゴのタンゴは嫌いじゃないけど、今までのODやFDと変わり映えしないように感じました。
上手いには上手いのですが、伸び悩みかも。

ドムシャバが今季からロシア一番手という事をシーズン前、不安に感じていたのですが、
OD観てその気持ちが薄れつつあります。
昨季までは、長い手足を持て余し、色々派手にやるけどガサツな印象がしていましたが、
今季のODはシャバリンの太ももにドムニナが脚を絡ませただけで支持するリフトもいいし、
全体的に丁寧に上手くなったと思いました。
若手を脱却しつつあるような気概がタンゴと合ったのかもしれません。

今季あたりホフノビとロシア一番手を逆転かと思ってましたが(ちなみに私はホフノビのほうが好きです^^;)、
期待を裏切ってくれて、かえって嬉しいですよ。
ロシアダンスは、ペアにも思うけど、世界的に高いレベルの選手を排出し続けて欲しいので。

最終結果、ドムシャバ一位、ベルアゴ二位に驚いていたのですが、
両者の勢いの差なのかなと、まだFD録画を観る前ですが納得いきました。

さて、私はこの後、エリック杯開始までに溜め込んでいる録画を見終わるんでしょうか(^^;
まだスケカナすら満足に観てないんですけど。

エリック杯、今季も興味深い面子になりましたね〜。
いいなぁ。仕事さえ自由になるなら行きたかったです。

NHK杯でエレーネちゃんが観られない?!

忙しくてPCでスケート関係のネットサーフするのは久々なのですが、
そんなところへもってきて残念な話。

NHK杯の出場予定選手がまたエントリー消されています。

ISUのPDFファイルのほうを見ると、
エレーネ・ゲデヴァニシヴィリと、アマンダ・ニーランダーの名前が消されています。
ただし、NHK杯公式ページとISUのスケジュールのほうからのリンク(HTML)ではまだ名前があります。

【続きを読む】

2006年11月11日

CoC地上波テレビ放送観てます

携帯から。

先週のスケートカナダの頃も忙しくて結果を追いきれず、西日本も行きっ放し状態。
今週も忙しかったですが、時差が少ない中国での開催なので、休みの今日、ようやくリザルト見る余裕も出ました。

地上波放送、昨日のBSで放送されなかった男子SP1位のダビドフが放送されたのは良かったけど、
今度はBSで放送された柴田くんがカットされるとは…。

放送までに最終結果が出ていた女子、気になるのはそれぞれの演技内容。

結論から言えば、完璧な出来の選手がいなかったのが残念でした。
完璧とまでいかなくても、本人の満足度が高い、清々しい出来、と言えばいいのかな。

優勝したユリアですら、ベテランらしくまとめたけど、ダブルが続く内容で。
全盛期ほどジャンプに高さがなくなってるようなのはともかく、今すぐ何とか出来る点として、髪のまだら染めを早急に処置していただきたい。
ああいう動物がいたと思います、たしか(-_-;

友加里ちゃん、あの内容で優勝しなくて良かったです。
他の選手もいい内容ではなかったので、その中での2位はいいのだけどね。
本人も納得いかないのがインタビューでありありとわかるほど。
ただ、東京ブロックでは失敗した最後の2Aが決まったのは良かったですね。
悔しさを胸に、次のNHK杯に向けて調子を上げてきてくれるでしょうから、期待しています。

舞ちゃん、亜紀ちゃんはミスあったけど、それぞれ頑張りましたね〜。
亜紀ちゃんはまずまずのシニアグランプリデビューと思います。
西日本で観たFS、中近東風の『黒く塗れ』は今までの路線を大きく外すものではなく、SPも亜紀ちゃんに似合っていて、FSより良かったと思いました。
ロシアも頑張って欲しいです!

舞ちゃんの次の出番は全日本ですね。
FS後半にスピードが落ちて勢いがなくなってしまうのが気になるので、更なる滑り込みに期待しています。

テレビ放送で気になったこと。
中国選手の名前を日本語読みするのはニュースでもスタンダードですが(逆に日本の芸能人などの名前は中国では中国語読みされる)、
それをさらにカタカナ表記されると、なるべく現地語の発音で名前をコールしてきたフィギュアスケートでは、すごく違和感あります(^^;

テレビ朝日の実況アナウンサーは、変に知恵がついてきたからかやたらしゃべるんだけど
ビールマン一辺倒でキャッチフットと区別ついてないのが露呈してきてますね。
分からないなら勉強してくる、知らない事はうかつにしゃべらないことも、仕事では大切なことなんですけどね。

まだCoCの昼のBS録画分は観れてないのですが、
スケートカナダの分をようやく少しずつ観ています。

アイスショーのシーズンに入ったので佐藤有香ちゃんの解説は聞けませんが、心配無用。
ペアの解説の岡部由紀子さん、落ち着いた声で淡々と技を説明してくれて、いいですね。
ルックスもシャープで素敵です。
ダンスは宮本くんですか、ますますテレビ慣れしてますね。
番組終わりにカメラに向かって小さく手を振ってたのがツボでした(笑)。

2006年10月29日

スケアメ 女子FS放送感想

地上波での女子FS放送を観ました!

結果はすでに分かっているとはいえ、
やはり動いているところを観てみないことにはね。

【続きを読む】

スケアメ ダンスFD、ペアFS放送感想

携帯から。

途中からですがダンスFDとペアSPの放送を観ました。

【携帯から書くと長くなるので、以降をPCから“続き”に移しました。携帯から見るぶんには同じですが^^;】

【続きを読む】

スケアメ 女子SP男子FS放送の感想

既に女子の最終結果が出ていますが(^^;
FSの結果が出る前にSPの放送で動いているとこ観たので、はしょりつつ、SPの感想です。
男女シングルは地上波の放送で観ました。

スタジオの松岡がどんなにテンション上げようが、適当にあしらい自分のスタンスを崩さない静香ちゃんが素敵(笑)。
この後も是非そうして松岡を懐柔していっていただきたい。

【続きを読む】

スケアメ ペアSP、アイスダンスOD放送の感想

昨日は頼まれ録画があったり色々あってすぐ見られなかったスケアメ放送、漸く今朝方、ペアSP、ダンスODを観ました。
ダンスはその後の最終結果のほうが先に出ましたけど(^^;
まぁ、簡単に感想を。

ペアSP、解説がアルベールビルでレナちゃんとペアで出場した小山さん!
ダンスの宮本くんといい、色んなことを思わせられる人選ですね(^^;

【続きを読む】

スケアメ アイスダンス、女子の結果!

アイスダンスの結果が出ましたね。

1位デンスタ、2位グレペチュ、3位はペシャブル…となりました。

が、4位モーガン達、5位ケアーズ、6位ナバロ達、
7位渡辺&木戸さん
…という結果。

【追記】女子も結果が出ました!
1 Miki ANDO JPN 192.59 2 1
2 Kimmie MEISSNER USA 177.78 3 2
3 Mao ASADA JPN 171.23 1 4
4 Sarah MEIER SUI 169.01 4 3
5 Emily HUGHES USA 147.34 5 6
6 Mai ASADA JPN 138.29 6 7
7 Kiira KORPI FIN 132.93 8 5
8 Mira LEUNG CAN 128.07 7 8
9 Valentina MARCHEI ITA 116.81 9 9
10 Michelle CANTU MEX 108.04 10 11
11 Katy TAYLOR USA 106.07 11 10

美姫ちゃんGPSタイトルおめでとう!
キミーはさすがにFSで力を出してきたか?
真央ちゃんも表彰台ですね。キャンベルよりFS良くなっていたでしょうか?放送が楽しみです。
舞ちゃんもこの面子ではまずまずの結果かなー。
みんな2戦目あるから、頑張ってほしいです。
何気にメキシカン最下位じゃないってスゴイです。

アイスダンス話に戻りますが…
ケアーズ、FDを終わってとうとうモーガン達に抜かれてしまいました(;_;)
というかモーガン達、FDだけならナタリーファビアンまで抜いてますね。


【続きを読む】

2006年10月28日

スケート・アメリカ2006始まってますねー

スケートアメリカ、日々慌しくしている間に始まっていましたねー(^^;。
結果ページだけ今急いで見ました。

既に男子の最終結果も出ていて、
織田くんがグランプリシリーズのタイトルを昨年のNHK杯に続いて獲りましたね。
おめでとうございます!

昨日でしたっけ、SPだけ観ましたが、ジャンプまずまず良かったし、プログラムも7月のDOIで観た以上に身体に馴染んできているようで、順調な仕上がり具合と思いました。
SSがエヴァンより上に評価されているというのが頼もしい。
シーズン後半に向けて、好調を維持していってほしいです。
FSの放送はこれからですが、楽しみですね。

【続きを読む】

2006年09月20日

GPSエントリー変更再び。

GPSエントリーが再び変更に。

アイスダンス、チャイサフが抜けたところに、中国杯にはザレツキーズが入りましたが、
NHK杯はそのままな上、せっかくゴルトカの後に入った
Fang YANG / Chongbo GAOが抜けて「TBA」に!!!

【続きを読む】

2006年09月12日

GPSアサイン変更、その他

この2日ばかりPCでのネットサーフは出来なかったのだけど、その間にもまたいろいろな情報が出てますねー。

GPSアサイン変更
まずアイスダンス。
中国とN杯に予定されてたチャイサフがキャンセルになってますね。
代わりは未定?
まさか世界情勢と関係してたらと、ダークなことも気になります。

ペアはスケアメでずっと空白だったところに、ロシアのエファイエワ&メンシコフが入りました。
新たに一組入ったとしても、まずはアメリカに収まることになるだろうと思ってたけど、
やっぱりパントンは相変わらず3連戦のまま。

男子はスケカナのイワン・ディネフが消え、スケカナとN杯、シルビオ(泣)のあとの空白もそのまま。
スケカナ補充が最優先でしょうけど、このままでいくと人数としてはちょっと物足りないことになりそうですよね。
やはりここは中庭くんを…と思うのは私も大方のファンもそうでないかと思いますが、日本勢でこれ以上は望めないかなという気もして。
5月にもここで書いたとおり本当はN杯に入ってほしいけど、ヴィクトール・ファイファー、どうよ?!

そして、女子だけは相変わらず最初の発表のまま変更なし…嵐の前の静けさか?


【続きを読む】

2006年09月06日

GPSエントリー変更再び…何回目だ?

ジュニアのシリーズが続いてましたが、今度はシニア。
GPSアサイン変更再び。

アイスダンス、ゴルトカ組が抜けた後には、
エリック杯にLaura MUNANA / Luke MUNANAのメキシコカップル、
NHK杯にはFang YANG / Chongbo GAOの中国カップルが入りましたね。

う…フランス、行きたくなってきたぞ!

一方男子。
スケカナとNHK杯に出場予定だったシルビオが抜けてしまいました(;_;)
しかもゴルトカ組と同じように「Retired」って、まさか、まさか?!

【続きを読む】

2006年08月29日

GPSエントリー変更、浅田姉妹VIP待遇で出発、他

また変更が出てますね。
ISUを参照のこと。
TEB、N杯に出場予定だったロシアのAnastasia GORSHKOVA / Ilia TKACHENKOが取りやめになってしまいました。
代わりのカップルは未定のようですね。近日中にまた名前が挙がるでしょうけど。

ゴルトカ組、このところあまり伸びてきてないようだけども、生でみたことなかったので見たかったな。残念。

ペアは相変わらずパン&トンが唯一の3つ出場状態で変更なしですか。
いやホント、どのペアでもいいから、他の名前が出てないペアに代えてあげて欲しいんだけど。

【続きを読む】

2006年08月23日

GPSペアのエントリー変更その他

PDFファイルですが、ISUでGPSペアエントリーに変更が出てますね。

パン&トンがアメリカ、中国のほか、新たにカナダにエントリーされました。
3つ目ということで、ポイントには加算されないわけですが。
GPSのエントリーで(A)の文字、久しぶりに見たような気がします(笑)。

3週連続になるわけですが、他に適当なペアがいたらそちらに変わるかもしれないですよね。
いなかったからこういうことになった、とも言えますが。

また、スケアメ出場予定だったエストニアのレニック達(昨季エリック杯で直に観ましたが…がんばってました^^;)が取りやめに、
中国には新たにカナダのEmilie DEMERS BOUTIN / Pierre-Philippe JONCASと、イギリスのStacey KEMP / David KINGが入りました。

イギリスペアのほうは名前は聞いたことがあるなーと思うのだけど、
ISUバイオによれば、2005世界ジュニア11位ですか。
放送枠に入っていたかどうか???
録画を見返す時間がないのでなんともわかりませーん。

【続きを読む】

2006年08月16日

結局誰が出ても面白いわけよ

GPSアサイン変更で、クリス・べレンソンがフレデリック・ダンビエ引退で空いたロシア杯の枠へ入ることになりました。
ISUサイトからPDFファイルにて公表中。

昨季はスケアメ、ロシアにアサインされてたわけだから、より出場条件が厳しい今季は当初ひとつもアサインされていなかったのは残念でした。
(昨季のことは私も5月9月にこんなかんじに書いていました)

【続きを読む】
{$pre_page} | HOME | {$next_page}

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。