2007年02月06日

2007世界ジュニアのCD課題決定

四大陸選手権の日程が始まりました。

というわけで、ISUのPDFファイル発表ですが、
3月のOberstdorf2007世界ジュニアのCD課題が、

『Silver Samba』

に決まったそうです!

【続きを読む】

2006年12月06日

世界選手権サイト

仕事上必要があって久々にPC立ち上げてネットにつないで、
ついでにメールチェックしたら500通くらい一気に受信されて退きました。
ま、ほとんどがDMとどーでもいいエロ系迷惑メールですが。

さて、昨日の5日に携帯から世界選手権のチケット発売日について書きましたが、
日ス連に同日、世界選手権サイトがオープンしていたんですね!
>>世界選手権サイト(英語)

日本語サイトよりは英語サイトのほうが、外国人にどんなふうに紹介されているか興味深く面白いので、英語のほうを貼り付けました↑。

【続きを読む】

2006年04月12日

世界選手権放送ペア

今日も携帯から一言感想を。
FS、ジェシカちゃん達の時に帰宅。
PB更新したようだけど、私は五輪の時のほうが印象に強く残りました。
印象良くてまだこれからが楽しみなペアですね。

オベスラ、シーズン通してどんどん印象弱くなってきてしまいました。
怪我なら仕方ないかな?
夜会巻きは自分では出来ないのでしょうね(^^;残念です。

ペトティホ、聞いてはいたけど「四季」とは戻しすぎ(^^;
さすがに構成は違いますね。
最後のステップはSPのと同じかも?
身のこなし等はさすがにベテランの味わいがありました。

マルブン、最後の最後のスロージャンプ、大技の見せ場が共に決まって良かった!
特に最後のは五輪ではミスしていたので、ここで決まって本当に良かった。

張&張、彼らのいい時の出来ではなかったけれど、現時点では十分やったと思いました。

パントン、パンちゃんの転倒ありだったけど終盤に向けて良くなっていきましたね。
ともあれ優勝おめでとう!

気になる表彰式(の後のティホノフさん)は途中、雪ちゃんが上から降りてくるところがチラッと映りましたが、“あの”サプライズは無しでした。
残念〜
続きを読む

世界選手権放送アイスダンス

11日のアイスダンス、一挙6時間放送!
アイスダンス好きには嬉しいかぎりです。
帰宅したのはFDのマリパト始まる頃でしたので録画を見返しています。

CDは滑走順に上位7組とのこと。

チャイサフは悪くないけどワルツっぽくなかったですね。
でも五輪と違って転倒しなくて良かった。

マリパト いいですね!
ザ・ワルツという感じ。
課題抽選でヤンキーポルカが外れた時は残念に思ったけど、
このダンスを見たらヤンキーポルカでなくワルツでホントに良かったと実感。

イザベルオリビエ、こちらもなかなかのワルツでした。
派手な感じがしましたね。

ベン&タニス、軽やかな明るいワルツでした。
リンク狭そう(^^;。

前にもブログに書いたかもしれないけど、ドムシャバがロシア一番手というのがやはり不思議(苦笑)。
ぐぐっと押してくる強さは感じないけど華やかさはありましたね〜。

リタバナ、エッジの氷の削りかすがカメラに飛んできてます(^^;
濃いワルツでCDなのにドラマチックなのが、2人らしいですね(笑)。

アルベナ&マキシム、五輪同様に素敵でした!
シャープさはもちろんだけど、ワルツをこんなふうに滑るカップルだったかなぁと、改めて感慨に浸ってます。
それにしてもマキシムの足元にほれぼれ。

引き続き放送のOD冒頭、ダイジェストながらメキシコとタイのカップルが放送されたのは嬉しかったです!

続きはまた明日にも見たいですが、明日は明日でペア放送が。
全部見終わるのいつになるだろう(苦笑)。

2006年03月28日

EXについて

放送は昨日でしたよね。
今日28日はJ Sportsで世界ジュニアの放送が始まりました。
今日はペアで、録画は一応しましたが、この後の放送からして、まず観るのは男女ダンスが優先かな(^^;;

EX、何を間違ったか途中で録画が止まってしまってまして、マリパトまでしか観れませんでした(爆)。
友加里ちゃん、織田くん、章枝ちゃんは観られたけど、パントン、ランビエールのEXは観てないんですよね。
CS放送を待つことになります。

マリパトのEXは、今季ODで使っている曲のリズム違いですよね?
フロアダンスの雰囲気たっぷりなODも素晴らしかったけれど、このEXも素敵でした!
もっと観たかったなぁ。本当にこれがアマチュアラストダンスという寂しさがこみあげてきました。

録画観るのもゴハン作りながらだったのですが(爆/“ながら作業”は良くない!)、
同じものが1ヶ月も待たずにローストレスで観られるからね〜。

EXが終わり、出演していた選手たちもそれぞれ帰国の途につきました。
織田くん、章枝ちゃん、友加里ちゃんがインタビューに答えている映像を観ましたが、前向きな姿勢に、また“次”への期待を高めさせてくれました!
選手の皆さん、お疲れ様でした!!!

2006年03月26日

女子FS結果


キミー、章枝ちゃん、サーシャ、ソコロワ、友加里ちゃん、
オンちゃん11位ということに。

最後まで見て出かけてるので携帯から。

オンちゃん、素晴らしかったですよ。
よくここまで再び作り上げてきたと思います。
最後のストレートラインステップの前の表情が印象的。
滑り終わって下を向き気持ちの整理をつけて起き上がった時のはじけた笑顔で泣けました。
今の時点での達成感や満足感はあったのかな?
終わってホッとしたのもあるかもしれないですね。
最後の笑顔で観客の心を惹きつけたオンちゃん、来季も期待してます!

キミー、私は今季エリック杯、NHK杯と生で見てますが、その時以上のいい出来だったと思います。
優勝おめでとう!
…とはいえ、「まだ早い」というのが正直なところです。
だいぶ薄れてきたけど、やはりまだジュニアの表現。

章枝ちゃん、3Sが2Sになり、3F2Tもバランス良くなかったけど、いいパフォーマンスだったと思います。
キミーちゃんとはTESで差を付けられてしまったけど、これは仕方ないかなと。
五輪と違ってキスクラの表情も良かったと思います。

サーシャは、五輪もだったけど、FSで崩れたか(>_<)
エリック杯では最後のほうのジャンプ転倒したけど、それまではいい出来だったし、
五輪も前半ミスしてもその後挽回したので、
その時より良くない内容で残念です。

ジョアニーは、重荷が過ぎたのかな、動きが良くなかったのが残念です。
この後はCSOIに出演するので、そこではいい演技期待してます!

ソコロワ、いい出来でしたね。
五輪の爆発っぷりが嘘のような。
体はしまってないけど、よく動けていたと思います。

友加里ちゃん、2Aはそのつもりで跳んでますよね?
2Loになったけど転倒はしなかったですね。
3連続ジャンプも入ったけど、最後は疲れた様子でしたね〜。
やや動き固いところもあったけど、最後までよくがんばりました!

日本女子は来季3人枠を獲得です。

各選手、お疲れ様でした!

2006年03月25日

世界選手権その後。

最後にPC立ち上げたのはそうか、21日だったか。
自分で久々にここみて認識しました(笑)。

翌日以降も日中可能なかぎり携帯からPCビューワーでチェックしてましたが、
結果見る時間は作れても、その感想を書く時間はどうしても作れませんでした。
100人見たら100通りの感想があると思う。
傾向は同じ方向にいくことはあっても。
だからサイト作ったようなものだし、ブログも(もとは日記だけど)そう。

なんだけど、今月は会議や打ち合わせやらが続いていて、23日なんかお昼ご飯食べたの2時半で、10分で食べてすぐ仕事に戻ったくらいで、携帯開く間もありませんでした。
帰宅しても案の定「メシ・フロ・ネル」状態(しかもフロじゃなくシャワー)は続いています。
来週が年度末でいろいろ〆ないといけないので、職場に身体を運ぶだけではダメで、やはりそれなりのテンションを保っていないといけない。
間違えても年度途中ならなんとかなることでも、3月31日と4月1日では違う年度になるので、内部処理だけで済むものならまだしも、外部が絡んでくるものだともう絶対間違えられない。
やり残しを出すことはできない。
同じ境遇の方、この感覚、御理解いただけると思います(泣)。

ということで、体力維持のため、夜も早々に寝てしまっていました。
そのわりに寝ても疲れがとれた気がしませんでしたが(爆)。

今日25日はお休みだったので、映画を観にいきました。
その話は 屋根裏部屋に書きました。
それから美容院へ行ったり、スキンケアものがきれてきたので買出ししたり。
つい先日の21日も休みだったと思えないくらい昔のことのように感じます。

さて、まだ時間があったので、とりあえずフジテレビを一応録画しておいたので、一気に観ました。
J Sportsの放送まで女子FSは今日この後生中継されるけど、それ以外は4月になるから、一応早くチェックしたいしね。

まぁ、ひどいですね、相変わらず。
画面を覆うテロップがひどい。
友加里ちゃんは2006四大陸「3位」ということになってるし(実際は2位)、
エマ・サンデュは「アメリカ」の選手ということになってるし(現地実況では何度も「開催国カナダの…」と言っている)、
オンちゃんのFSは「La Strada」になってるし、
ジュベールのFSは「Road of the Dance」になっていた。

オンちゃんのは全日本を見ればすでに変更されていることはわかるはずだし、
ジュベールのも、五輪だのの国際大会や、現われた時の衣装を見たり音楽を聴いたりすれば、「マトリックス」であることや、最低限、違うプログラムであるくらい気が付かなければならないことでしょう。
下調べなど、やる気の問題でしょうね。

今日の女子SPはPC開きながら見ましたが、あのアナウンサーは、舌も回らないのに(よくつっかえるんだ)相変わらずしゃべりまくるな。
章枝ちゃんのSPでも冒頭しゃべりまくり、最後のシメで「トスカ」と言い切ってたけど、たぶん、「Tosca Orilla」(ISUバイオから原文どおり)が読めなかったんでしょう。
“s”がよけいとはいえ、もちろん「トカ・オリージャToca Orilla」が正解。

知らないなら知らないで、でしゃばらなければいいのに。

それにしても、よくクリムキン放送されたなぁ。
いや、好きだけど、地上波では期待してなかったから(笑)。
男子上位は4回転を決めてくれて、また、ジョニーもバトルもトライしてきてて、五輪以上に見応えあったと思います。
織田くんも来季はトライだ!

ヨロ選観にいったリヨンでも感じて感想にも書きましたが、
四大陸勢の存在をひしひしと感じました。
カナダ、アメリカ、日本、中国などなど。
その存在抜きにしては、トップクラスのスケートを観た充実感は得られないと、
リヨンではっきり認識しましたけど、実際に世界選手権をみると、改めて思いました。

本田くんが解説デビューしてますが(これを聴きたかったのが最大の録画理由)、
なかなかいいじゃないですか!
技術的なところを的確にわかりやすく指摘しようという真摯な姿勢を感じました。
やや声が上ずり、あがっているようにも聞こえましたが、初めてだもの、見守りたいです(^^)

ああ、それにしても、やはりカナダの会場は盛り上がり方がいいなぁ。
よい演技には惜しみなく賛辞をおくり、選手をのせてくれる。
ショーで見ているときも、カナダで観るのはアメリカと比べて居心地よかったんだけれども、競技会だとなおさらでしょうね〜。
観戦に出かけた知人たちがうらやましいです。

私もあの会場の雰囲気を味わいたかったーっ!!!
知人方が帰国されたら、いろいろ感想を披露してくれることでしょう。
根掘り葉掘り拝聴したいと思います(笑)。

2006年03月21日

世界選手権初日

男子予選A組、ペアSP、男子予選B組が行われるという、ファンにとっては滅茶苦茶ハードなスケジュールで始まった、カルガリー世界選手権。

出先から携帯のPCビューワーで時々チェックしていましたが、最後にチェックできたのは男子予選B組最終グループが始まる前だったので、織田くんの出来が気がかりなままでした。

しっかり決めてくれたようですね!
3Aを2回含め、会場も盛り上がったようで何よりです。

海抜1,048メートルと結構標高高いので各選手大変でしょうけれども、
予選を経験することで、その後のSP、FSに少しでもいい結果が表れたらと思います。


WBCで日本が優勝したり、イチローが珍しく興奮気味だったり、号外が出たりと話題豊富だったので、
五輪や世界ジュニアと比べて世界選手権がかすんでしまっているような気もしないではないです(^^;
一般ニュースでの男子予選の扱いが少ない気がするので。
これからでしょうね〜。
一部メディア(って、放送する局が率先してやってないか?)の無責任な煽りだけは却下だけど、
結果よりもどうがんばったか、中身をもっと伝えてもらいたいですよね〜。
{$pre_page} | HOME | {$next_page}

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。