2006年12月28日

全日本2006 現地所感男子終了

男子FS終了しました。

順位は大輔くん、織田くん、南里くん、神崎くん、中庭くん、小塚くん、柴田くん…かな。

最終グループ素晴らしかったです!
スタオベしまくり。
詳しくはテレビ放送をご覧いただくのが一番。
言葉が足りません。
これから表彰式です。

ただ、中庭くん、小塚くんは今日は残念な出来でしたね。
織田くんも3A転倒ありましたし。

神崎くんが3A2T、2A3Tほかジャンプを決めるたび、ヒートアップする浜田コーチを観たのは久々かも。
でも感極まるのも納得でした。

ああ、言葉が見つからない。
携帯でブログに書くには時間が足りないです。
posted by エマ at 21:58| Comment(4) | TrackBack(1) | スケート話【現地から】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースより早い速報いつもありがとうございます。あなたがせうらやましいです。全日本のちけっとがとれただけでも幸運なのにブログの早さに驚くしだいです。こんどは、世界選手権の報告を期待しています。
Posted by 鈴木瞬 at 2006年12月28日 22:49
浜田コーチがそんなにヒートアップだなんてよほど素晴らしい出来だったんですね!
大ちゃんも国内選手権とはいえすごいスコアですし録画見るのが楽しみです。
Posted by おロシア人 at 2006年12月29日 06:03
>鈴木瞬さん

初めまして。コメントありがとうございます。

全日本のチケットは今回「1人1枚限定・連番不可」だったアイスクリスタルでのみ申し込んだのですが、たしかに、3日間ともそれで取れたのは、幸運と言わないといけないですよね(^^;
もちろんチケットがあるだけではだめで、
今回は平日で年末休み前でしたので、毎度のことながら、休暇申請を快く受けてくれた上司並びに同僚のおかげで観戦しに行けました。

技術的なことの詳細は競技終了後に公式のものが出ますから、
それよりも、一スケートファンが会場で観て感じたことを書き残せたらと思って、書いています。
ニュース報道・テレビ放映されない選手たちのほうが多いですし、そういう中にも生観戦の醍醐味はたくさんありますし。
自分が忘れないために、というのが大きな理由のひとつです(笑)。

会場では製氷中など休憩時間でも「客席での携帯電話使用禁止」とのことで、
女子FS最終グループ以外は全部ロビーに出てから書いていました。

世界選手権がどのような運営になるかわかりませんし、全部観戦することは出来ないと思いますが、
観戦できたら、また可能な範囲で書くと思いますので、読んでいただけたらうれしいです。
Posted by エマ@管理人 at 2007年01月01日 00:30
>おロシア人さん

神崎くんのジャンプが決まるたびに、観ているこちらも内心の高ぶりを感じ、
また、濱田コーチの「キャーッ!」+跳び上がりも彼のSP曲『ボレロ』のごとく、だんだん大きくなっていったと、
そういう感じだったとお考えください。

全日本の放送録画はまだ全く観ていませんし、
当分観る時間を作れなさそうですが、見返して当日の余韻に浸るのが楽しみです(笑)。
Posted by エマ@管理人 at 2007年01月01日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 興奮冷めやらぬ男子FS!!! ちょ、ちょっとすごかった男子から書いてしまいますっ
Weblog: Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ
Tracked: 2006-12-29 01:28
{$pre_page} | HOME | {$next_page}
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。