2006年09月16日

シンクロワールドカップ

携帯から。

横浜で開催中ですね〜。

COI仙台の話が出る前、出来たら観に行きたいなと思ってましたが、
プリンス絡みでチケット見た時点でかなりチケット売れてて、
その後COIでドタバタし、気がつけばチケットはほぼ売り切れ状態(*_*)。
私自身も忙しくてこの週末はそれどころではなくなり、行くのはやめたのでした。

その分テレビ放送でと思いましたが、今回は集中して観ることが出来ません。

スタジオに切り替えても中身のない無駄さ加減(元選手の小谷実可子がいても意味無し)、
「マーメイドプリンス」と呼ばれる稲垣吾郎の“稲垣吾郎コスプレ状態”(足裏マッサージ“クイーンズウェイ”店員みたいなあの青いスカーフは一体何か?)、
そして何より「マーメイドジャパン」という煽りがイヤ。

何でもかんでも「ジャパン」つけるセンスときたら。
泣けてくるのを通り越して腹がたってきます。

前回のシンクロスイミングの放送はもっとマシだったと思ったけど?!
スタジオには今回は現地リポーターをやってる武田美保さんがいて、水中技の立体解説などの専門的な見所があったはず。

今回も競技解説は田中京さんで、それはいいんですけどね。
でも放送中その他の門外漢たちが喋りすぎ。

私はもっと“選手の演技”を楽しみたい!

何故そんなにも勝敗のみに終始した進行になるのか、
今回のシンクロナイズドスイミング見てたら、
何でもかんでも“ジャパン”とひとくくりにして、
競技を理解し楽しむよりも
「ニッポンがんばれ」と盛り上がりたいのが目的かなと、
そう思えてきました。

フィギュアスケートの放送が今から思いやられます。

さて、そのテレ朝ですが、『虎の門』という番組に今、武田さんゲスト出演中。
これから「エアシンクロ選手権」があるとのこと。

以前「エアフィギュア」もやってましたが、バカバカしくて面白かったので、今回のシンクロも楽しみ。

こういうバカ企画なら最初から割り切って楽しめるのに。
むしろこちらのほうがシンクロをよく理解してるかもよ?

放送見たら感想追記しまーす(笑)。
posted by エマ at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自己レス。
「エアシンクロ」なかなか面白かったですよ。
お笑いコンビ4組によるデュエット、フリールーティンという設定で、英語でコールされて登場。

こういうのは“いかになりきるか”が全てなのだけど、
最初のポーズ、足技、リフト(まがい)、そして顔演技。
豪華なことに武田さんの解説付き(笑)。
「今のは脚の角度がよく揃ってましたね」
「表現がしっかり出来ていたと思います」などなど。
審査はスタジオにいる武田さん、いとうせいこうらレギュラー陣が10点満点にて。
エアフィギュアと違って、どの組が誰の真似をしているというのではなく、とにかく“シンクロらしく”がテーマだったかと。
新世界を使った組の男性は、エアフィギュアで真央ちゃんの可憐さを表現していた人でした(笑)。
優勝は武田さん達が以前使った『SAKURA2005』を使ったTIM。
バナナマンもキモいながらもよくシンクロしていたけど一歩及ばず(笑)。
思えばエアフィギュアの時は専門家不在だったんですよ。
八木沼さんあたりこういう仕事もしたらウケるのに。
Posted by エマ@ケータイ at 2006年09月16日 19:16
補足訂正。
何か気になってましたが、『SAKURA2004』でしたね。
2005ではもう世代交代してますから(^^;
失礼しました。
Posted by エマ@ケータイ at 2006年09月17日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23817755

この記事へのトラックバック
{$pre_page} | HOME | {$next_page}
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。