2006年08月28日

引退話はここでも。

日曜の北海道マラソンをもって、
千葉真子さんが競技人生に幕を下ろしましたね。

結果は11位と振るわなかったけれど、
右腕に「ありがとう」の文字を入れ、北海道を最終の地に選んだ千葉ちゃん。
今後どういう進路にいくのか未知数だけれど、何らかの形で“走ること”に関わっていってくれたらと思います。

それから、28日開幕のUSオープンテニス
この大会をもって、浅越しのぶ、アンドレ・アガシが引退します。

アガシ、先だってのウィンブルドンでは、
ナダルとの対戦ではっきり「新旧交代」を感じさせる内容でした。

浅越さんは体力的にはまだ出来そうだけれど、
自分で思ったようなプレイが出来ないそうで…。

それぞれ、自分で引き際を決めて臨む選手達。
その花道が、素晴らしいものになるようにと思っています。

ラベル:テニス マラソン
posted by エマ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教えて下さい!イワニセビッチってもう過去の人?レンドル、エドベリ、ベッカー、マイケル・チャン、クリシュナン以降、好みのタイプの選手がいなくなり、最近男子テニス界のことわからないのです。ちょっと自分のブログで彼の名前を出したものの…わからない!今もやっているのかすら!ナブラチロワが1回目の引退を決めたシーズン、彼女の上手さにしびれましたが私にとっての、ナブラチロワベストシーズン(勝手に命名)は引退宣言の前のシーズン。素晴らしいプレー、チームナブラチロワのプロフェッショナルぶり、あの充実感があったから、引退決めたんじゃないかなあと思ってます。長くてスミマセン。
Posted by おロシア人 at 2006年09月03日 12:48
>おロシア人さん
長文はブログ機能が許す限りで(笑)大丈夫ですよ。

で、ゴメンナサイ、選手のことはよくわからないんです。
なので私も知りません…。

ナブラチロワから名前をもらったという、同じく復帰者であるヒンギス、この全米は早々に敗退してしまいましたね。
久しぶりに復帰してきて、パワーで押すのではない巧みなプレー、ウィンブルドンは見応えがあったのですが。

テニスもスケートも、自分で引退を決めるにしても、「充実感を得られたので」という理由だったら本当に選手も観る側も満足いくと思います(^^)
Posted by エマ@管理人 at 2006年09月03日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

千葉真子
Excerpt: 千葉 真子(ちば まさこ、1976年7月18日-)は、女性長距離走者、マラソン選手。
Weblog: 気になる言葉
Tracked: 2006-09-15 22:52
{$pre_page} | HOME | {$next_page}
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。